「監禁嬢」10話ネタバレ「記憶」

「監禁嬢」10話ネタバレ「記憶」

カコに散々振り回されてきた岩野は、ある行動を開始しようと試みる。

ある日、時計だらけの不気味なカフェに彼女を呼び出し、話を始める。

ここで、岩野はあるものを渡す代わりに取引する。

条件を言い、2度と現れないように頼むのです。

もし、この要求をのまないのなら、ケーサツに言うぞ。

と、強気に出た岩野ですが、

意外な反応を見せる。

ケーサツに言ったら、麻希の人生が壊れるし、

私の中に出した、あなたの液体の事もバレますよ?

そうすれば、あなたはレ○プ犯になり得る…。

……

このとき、麻希のある言葉がよみがえり、何も言い返せない岩野。

男(岩野)が、女(カコ)にレ○プされたと言うのと、

女が男にレ○プをされたと言うのとでは、後者の方が信じてもらえやすいのです。

結局、何の解決にもならず、
動揺する岩野。

そもそもお前の事は一ミリも知らない…絶対に知らない。

私を思い出すまで付きまとってやると言っているけど、全く思い出せないのです。

ここで、記憶のからくりを解いて見せる。

 

あの表情でニヤっと不敵な笑みを浮かべる監禁嬢。

そして、席を立ち上がると、

ある提案をしてくるのです。。

「!?」

これまでの流れからは、全く予想がつかない展開に…

まんが王国にて、1巻~4巻までダウンロードできます。

「記憶」10話ネタバレの感想

ついに岩野が本気になったようで、監禁嬢に真っ向から挑む展開に。

妻・美沙子の携帯から監禁嬢を呼び出して接触に成功。

金を出すから、2度と目の前に現れないでくれ!

そう頼んだのですが、当然突き返されるのです。

そりゃそうだ…分かってはいたけど、

どうすればいいかも分からない。

それに、監禁嬢の事なんて全く思い出せないのです。

だったらケーサツに通報でもするか…と考えていた彼ですが、

そこも先回りされ手詰まり状態。

逆に、良かれと思った行動をすればするほど、追い詰められていくので、圧倒的に岩野は不利です。

いくら攻めに回っても、用意周到の監禁嬢に勝つのはハードルが高そう。

彼女の事をいくら考えても、全然思い出せない岩野に、

記憶について話すのです。

だから、思い出せないわけがない。

思い出すまで付きまとうきでいる監禁嬢は恐くて厄介です。

そして、次回の『監禁嬢』では、鬼ごっこが始まりそうです。

なんでここで鬼ごっこなの?とナゾが深まりますが、

意外な展開が待っていそうで楽しみです。

河野那歩也の『監禁嬢』は、まんが王国で配信中です。

スマホで気軽に読めるので便利です。

漫画をスマホでダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA